再生医療・インプラント治療

東京医科歯科大学

さいせいいりょう・いんぷらんとちりょう再生医療・インプラント治療について

担当医 丸川恵理子

当科直接紹介、当科で口腔外科治療をおこなった患者に限り、インプラント治療を行っています。

紹介歯科医院と連携して、顎骨造成術やインプラント埋入術のみを当院で担当し、その後の咬み合わせ治療(上部構造装着)やメインテナンスは、通院の利便性に優れる歯科医院にお戻りになって行っていただくことにも対応しています。

人工骨を用いた顎骨造成

従来より骨造成、骨補填に用いられているのは自家骨ですが、当科では患者さんへの侵襲を減らすために人工骨を用いています。

腫瘍や嚢胞により生じた顎骨欠損に対して骨造成する場合や、萎縮した歯槽骨へのデンタルインプラント埋入の前処置における骨造成、抜歯後の歯槽堤温存のための骨補填などが対象となります。

骨造成後にデンタルインプラントを埋入しており、その際の骨組織を確認しましたが、良好な骨形成を認めています。

人工骨と下顎骨による顎骨造成例

水平的・垂直的に骨造成

神経から距離を持って埋入可能であった

人工骨と脛骨による顎骨造成例

治療前の口腔内

治療前のCT画像

CT画像では著明な骨吸収が認められた

骨造成

骨造成後の画像

水平的・垂直的に骨造成

骨造成後の画像

水平的・垂直的に骨造成

治療後の口腔内

上顎洞底拳上術による顎骨造成

上顎洞底挙上術(サイナスリフト)について

上顎洞底の洞粘膜を拳上して、骨を移植し、骨の高さを造成させる方法であり、上顎骨(うわあご)の骨の高さが不足している場合に行います。

骨の高さが足りずに、インプラントの埋入ができなかった場合でも、この手術を行うことでインプラント埋入が可能になります。

自家骨と人工骨β-TCPを併用する場合が多くあります。自家骨は下顎骨、脛骨、腸骨などから採取ができます。最近では、人工骨単独の使用でも骨造成が可能となってきています。

サイナスリフト自家骨+人工骨β-TCP移植例

治療前

治療後

骨造成後インプラント埋入可能であった

サイナスリフトと同時にインプラント埋入、人工骨のみ(自家骨採取不要)

治療設計(シミュレーション)

治療後

骨造成後インプラント埋入可能であった

骨造成前

骨造成後(人口骨のみ)

口腔外科専門外来 木曜日(再生医療・インプラント)